痛み・しびれの根本改善&再発予防なら和整体・整骨院

 

くりかえす腰痛や慢性腰痛を福山市の和整体が解説

 

 

 

繰り返す腰痛、慢性の腰痛の原因とは?


 それは骨盤の傾きに有ります。
繰り返す腰痛では痛みが消失しても
骨盤の位置は戻っていません。
 慢性の腰痛でも同じことが言えます。
 よって腰痛の原因は
骨盤の状態が本来の状態ではないのです。Blog慢性腰痛

 前傾の原因は、骨盤が使われない事です。
使われていない骨盤の形状は、
前方に腸骨が回転方向して前傾します。
 加えて足の裏面の前方に荷重が乗らない事によって、
前方についている筋肉の作用によって
前下方に腸骨が前へ前へと引かれるのでそうなります。
 休めの姿勢で体重をよく掛ける足があり、
多くの人が右足を利き足にして
 支えている側の反対の骨盤がこうなることが多いです。
強い捻挫や魚の目などの痛みで
荷重できない場合もおこります。

 後傾の原因は、強い尻もちによって起こります。
または、前傾が発生した反対側で庇う結果、
反対側の上方への傾きが起こり、
その状態で落下するように
接地するために腸骨が後上方へ回転し後傾が起こります。

 片側は前傾し反対側は後傾する状態に陥り、
いわゆる「骨盤の捻じれ」が発生してしまいます。

 

許容量とは

 同年齢で同じ職場で同じ仕事をしているのに、
腰痛とは無縁の人が居る一方で、
何故あなたは腰痛から抜け出せないのでしょうか?
 その差は日常生活で
身体に悪い事をどれだけやっているか、
良い事をやっているかと言えます。
 勿論、身体を動かしている人の方が
腰痛に対する許容量は広いです。
 しかし、健康のためにジムやヨガに
行っている人の全てが腰痛と
無縁ではないのが現状です。
 つまり単純に筋肉があれば良い、
関節が柔らかければ良いと言うわけではなく、
普段から重力に対し骨盤の作用を
正しく使い続けているかどうかで許容量が決まります。

 日々の負担を自分の骨盤が持っている
許容量を超えた時に、
様々な症状を起こしてしまいます。
 これには2通りの現れ方があり、
1回で100の大きな力が加わって症状が出る場合と、
100回で1の力が繰り返し加わって症状が出る場合
とに大別できます。
 100の力が加わった場合は記憶に鮮明なので
原因を明確に覚えています。
 一方の1の力が100回繰り返された場合では、
多くは日常生活での身体の使い方に
影響される部分が多く、
何故悪くなったのか判らない人が多いです。

 コップに水が溜まり、
それがいっぱいになると
様々な症状が現れるとお考え下さい。

Blog慢性腰痛

誰でも簡単にできるトレーニング法!

 多くの仕事では同じ動きを繰り返したり、
同姿勢を続けることになります。
 重たいものを運んだり、
何時間もパソコンの前で作業を行う、
これらは先ほどの許容量によって支えられています。
 実は、骨盤を正しく使い続ける事以外は
全て骨盤の許容量で支えられているのです。
 そう考えると、身体を使うスポーツ選手でも、
筋肉のあるボディービルダーでも、
体の柔らかいバレエをやっている人でも、
骨盤の許容量という基礎がしっかりしていないと
骨盤の不調という症状が出てしまいます。

 当院では、骨盤を鍛え許容量を増やすために
四つ這い運動やウォーキングを指導しています。
 四つ這いトレーニングには色々あるのですが、
今回はあかちゃんも行うハイハイに注目してみましょう。
 赤ちゃんの成長過程において ハイハイ がありますが、
実はこれは体幹を効率的に使った
歩行の為の準備運動(トレーニング)なのです。
 重力に逆らい手脚を使って
上手に身体を運んで行きます。
 手脚を使いますが、
赤ちゃんの腕や脚は筋肉隆々ではありません。
しかし、ここに注目した室伏広治さんという
金メダリストが居ます。
 実は室伏さんは腰痛に悩まされ
競技成績が振るわない時期があったのです。
運動機能を向上させるトレーナーの指導により
赤ちゃんトレーニングを実践した室伏さんは、
日本選手権では前人未到の17連覇達成し、
そこから金メダルを再び獲得するに至ったのです。

 手を衝くと痛い、四つ這いで頭が上がらない、
四つ這いで腰が上手く曲げたり反らせない人は
私たち専門家に相談してくださいね。

Blog慢性腰痛

四つ這い運動の5つのポイント

①足の指を立てる

②床をしっかり押す

③頭を持ち上げる

④顎を引く

⑤一歩一歩、ゆっくりと

⑥動きが安定するように

バレーボール用の膝サポーターを付けながら行ってもらうとかなり楽にできるのでお勧めです。

 

TVの伝える「これだけで治る!」は本当に効果があるのか?

 「腰痛にこれが効く!」「このストレッチが…」「○○○○法で…」「神経ブロックで…」

といった、
魔法のような変化を
思わされるような体験者の感想や、
治療の動画、
「ラクになった」という患者さんの声を
元に立てられた仮説を声高に喧伝します。

 しかし、
その場での痛みがラクになることや
症状が変わることが、
必ずしも身体の働きを回復させているとは限りません。
 それは、あくまで「変わった」という
仮説の域を出ない言わば印象論でしかないからです。

 ギックリ腰、筋・筋膜性腰痛、
腰椎症、腰椎圧迫骨折、腰椎椎間板ヘルニア、
腰椎分離症、腰椎すべり症、
腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症、変形性腰椎症、
神経性障害疼痛と様々な病名があります。
 しかし、そこに至った経緯は人それぞれかと思います。

 身体に起こった経年変化は、
細胞の質を変え、
弾力・形質・骨軟骨及び筋組織の
脱水などの変化変性や、
神経及び血管の変性など多岐に及びます。
 これらを全て把握することは、
その方の既往や行動特性や
パターン・性格・運動量と神経感作状態などを
把握しながら身体を診る
幾つもの視点が重要となります。

 定形的な治療を行わない
医療に不信感を抱くのは、
腰痛にはシップ、電気、牽引、痛み止め、注射など、
腰痛にはコレと決まった処方を出されて
効果が薄いからだと私は考えています。
TVを見ていて「◯◯にはコレ!」
と言って効果があるVTRが流れると
やってみたくなるのは仕方がないことだと思います。
 結局のところ、
その人の過ごしてきた歴史を
診ていないので効果があるのは一部の人で、
効果がないだけなら良いですが
悪化させる人もいらっしゃいます。

 

痛いから動かさない・・・それでいいの?

 痛いから安静にしてくださいと
現代医療では指示される事が多くあります。
 では、そのまま何カ月過ごしますか?
 寝たきりで2か月後どうなるでしょう?
 今の痛みが無くなったら寝たきりでも良い。
それならばこの方針は間違っていません。

 皆さんはどうでしょうか?
痛みが無くなって仕事を頑張る、
スポーツを頑張る、家事や育児を頑張る、
歩き回りたい、やりたい事や、
やらなければならない事の妨げに
腰痛があるのではないでしょうか?

 「痛い → 動かさない → 機能低下 → 動けない → 構造破綻 → 痛い」

 このような悪化をだどる人が
多くいらっしゃいます。
 痛みの先に動ける身体を
イメージしているのであればリハビリとして、
先ほど簡単に伝えたハイハイや
ウォーキングを行う必要があります。

 

 たまに仕事等で歩いていると
言う方がいらっしゃいますが、
その歩き方は良い歩き方なのでしょうか?
 その結果、今の身体はどうですか?
身体の働きを十分に使えているのでしょうか?

 

 日本整形外科学会・日本腰痛学会監修の
「腰痛診断ガイドライン」において
急性症状直後の安静時を越えた以降は
「動いて治す=腰に関連する機能を高める」
ことが重要と論じられています。

 

宇宙飛行士に学ぶ身体の若返り

 重力が掛らない宇宙空間は、
日常生活で例えると
寝たきりの状態に近いのです。
 宇宙へ出発するまでにアスリートの様に
鍛え上げた宇宙飛行士は
宇宙空間で1~2ヶ月生活して
地球に帰ってきたときに
自力では立てなくなってしまいます。
 無重力空間が人体にもたらす
影響は筋力低下に止まらず
様々な病態が進行し
骨密度を測ると80代なみに
スカスカになっているそうです。
 無重力では10倍老化が進むと
言われていますが実質は
その何倍も進んでいるのではないでしょうか?
そんな宇宙飛行士たちが地球に帰ってきて
行うトレーニングは歩行なのです。
 自立できない状態ではプールウォーキングを行い、
自立できるようになってからは歩行を中心とした
メニューを3時間行うそうです。
 そして2~3ヶ月の月日を掛けて
元の身体に近い状態に戻ってきます。

 

 何故、歩行トレーニングで身体が回復し老化してしまった骨が若返ったのでしょうか?

 それはヒトの発達の仕方に
ヒントがあると考えられます。
 赤ちゃんは重力に対して
寝がえりでハイハイに対するトレーニングを行い、
ハイハイで二足歩行に対するトレーニングを
行っています。
そして多くの人が最も健康的だった
15歳前後は現在と比べて
身体の痛みや内臓の不調も
少なかったはずです。
つまり発達の過程を辿っていくと
ヒトは二足歩行で歩いているのが
自然な状態であり、身体の状態も
最高の性能を引き出せます。
 20代になると車移動が増えたり、
仕事で同じような動きを繰り返すうちに
ヒトとしての身体の性能は落ちていく方が
ほとんどだと思います。
 この身体に必要な歩行を
どれだけ正しくやれているかで
個体差が出てくるのです。
同じ80才で、
テニスをやり過ぎて肘が痛いから
診てほしいと治療に来る方と、
認知症が進行して動く元気もなくて
と差がついてくるのでしょう。
 そう考えると、健康寿命の男女差は、
現代では共働きが主流ですが、
少し前は女性は専業主婦で
家の事をテキパキ動いていた方が多く、
男性は仕事主体の生活で
あまり動き回ることがないことから
起こっているのでしょう。

慢性腰痛_宇宙

まとめ

 繰り返す腰痛、
慢性的な腰痛を持った方は、
「なんとなくやり過ごせればよい」
「なんとかなるから」
「うまく付き合っていくから」
と考える方が多くいらっしゃいます。
 これは、今まで知り得る知識の中で
最善を尽くしてきたのに
実を結ばなかった結果に
諦めてしまっているのです。
 今までやって来た事に何が足りなかったのか、
この記事がもう一度
考え直す切っ掛けになれば幸いです。
 正しい知識と正しい理解が在れば、
違う未来が待っているはずです。

 5年後、10年後の自分に自信が持てますか?

・治癒する力を阻むもの

・治癒する力を引き出すためにやること

・治癒する起点を作ること

 日常生活の中で、
これらに気が付くのは
難しいかもしれませんが、
変えられる部分も多くあると思います。
 それでも足りなければ
当院に来て治療を受けて話を聞いてください。

 

 トレーニングと言われても、
ついつい「忙しいから」を
口にしてしまうこともあると思いますが、
それとは裏腹にヒトの生命活動は待った無しです。

 健康でいたいのか、
病みがちでもよいのか?
身体をどうしていきたいのか?
ということを、よく考えて未来志向で
「今日」を過ごしていければと私は願います。

 

【重症専門サイト】和整体・整骨院/福山市 PAGETOP