痛み・しびれの根本改善&再発予防なら和整体・整骨院

当院には様々な悩みを抱えた患者様が来院されますが、
中でも一番多いお悩みは腰の痛みです。

腰に痛みが現れる疾患の中から、
今回は脊柱間狭窄症についてのお話です。

脊柱管狭窄症とは、
脊椎にある脊柱管という神経を
囲んでいる管が狭窄する(狭くなる)整形外科疾患です。

どんな人が脊柱管狭窄症になりやすいのでしょうか?

脊柱管狭窄症の患者様たちのお話を聞いていると、
発症以前に『ある事』をしていたという共通点があったのです。

それは【あまり歩かず自転車などによく乗っていた】ということです。
共通点とは連続歩行が足りていないことでした。

そのなかで、身体を悪くする前から自転車に乗って様々な場所へ
行っていたという人が多くいらっしゃいました。
今回は、どうして脊柱管狭窄症と自転車が関係しているのか、
紐解いていきましょう。

 

《自転車に乗るこで身体に悪影響を及ぼしている原因》

・前屈み姿勢

・骨盤を突き上げられる衝撃

自分の足で歩く機会が失われる

自転車に乗っている姿勢は、どうしても前屈みの姿勢になります。
前屈した背骨の状態と言うのは不安定な状態=悪い姿勢です。

走行中は悪い姿勢をした状態のまま、
サドルから骨盤を突き上げられるような衝撃を受け続けます。

元々、日本人の骨盤の形状はモンゴロイド系骨盤という
突き上げられる衝撃に弱い繊細な形状をしているのです。

ちなみに、自転車は1818年に
ドイツのドライス男爵が自転車を発明したそうです。
西洋人の骨盤の形状はコーカソイド系骨盤と言われ
騎馬民族由来の形状をしています。
なので、自転車は西洋人向けの乗り物なのです。

日本人の骨盤はただでさえ突き上げられる衝撃に弱いのに、
継続的に自転車に乗っていたらどうなるでしょうか?

悪い姿勢+繰り返しの突き上げ衝撃を受け、
自分の足で歩くといった自然本来の身体の使い方を
する機会を失い続けると、最悪です。

腰が悪くなり、たわみ、変形して脊柱管の中に
問題が起きてくるのも頷けますよね。

 

また、狭窄症を患っている方の骨盤や背骨の状態では
自転車に乗っている時は痛くない事が多く、
気が付かずに身体を自損している場合が多くあります。

 

まとめ

自転車は健康に良いと勘違いされている方も多くいます。
確かに心肺能力を高めるという点では良いものです。

しかし、腰にスポットを当てると、
競輪選手に腰痛持ちが多い事から
腰に良いものではないと考えられます。

自転車は便利なものですが、
身体に負担があるものと理解した上で
使わないと身体を壊す原因になります。

狭窄症になりそうな不安がある人は、
まずは生活を見直してみましょう。

当院では、身体の状態を様々な角度から診て、
あなたの腰痛の原因を探り、適切な状態へと導く治療が可能です。

自分一人では生活の見直しが難しい…
というあなたからのお電話をお待ちしています。

一緒に健康的な身体を取り戻しましょう!

【重症専門サイト】和整体・整骨院/福山市 PAGETOP