痛み・しびれの根本改善&再発予防なら和整体・整骨院

 こんにちは、広島県福山市の整体師の青野です。

 「膝が痛い」、「膝の治し方」で調べている方がHPを診てくださる機会が多いので記事を書こうと思いました。当院では、膝の悩みを克服した方が多くいらっしゃるので参考にしてください。

imasia_3029955_M-e1475737801840

膝の悩みを取り巻く環境

 何故、記事を書こうと思ったのか、それは初期は膝の機能が痛みを伴わず低下し、放置した結果に重篤な状態になる事が多いからです。

膝疾患の初期は「膝が曲がりにくい、伸びにくい」という症状から始まり、徐々に膝の痛みが出現することが多いです。そのため、そのうち治るかなと放置し続けた結果に、手術の適応になる方も多いのです。手術の適応になって、手術をしたけど痛みが残ったり、反対の膝が痛くなったりするケースは多くあります。膝の疾患の大半は膝単体の問題ではないので、そのような事が起こってしまいます。問題点としては患者さんが散々悩んで手術に踏み切っていて、期待値としては非常に高いものとなっている。しかし、膝関節の手術を行なったからといって、みんながみんな一度完全に良くなったという状態になるわけではないということを考慮しなければならないのです。期待値と現実とのギャップでうまくいってない患者さんが非常に多いなというのが僕の印象です。

 

「安静にしておいてくださいね」の言葉の意味を考える

 外傷や切傷があって動かすと傷口が開いてしまう場合や、骨折の骨癒合前では動かさない方が賢明だと思います。しかし、慢性化した膝の痛みに対して動かさないと言うことはどうなるのか、考えてみましょう。

 

膝の回復には負担をかけないことが正しいの?

 健康情報番組で、変形性膝関節症について特集されていました。番組の中では、変形を防止するため膝に負担をかけない、つまり荷重を免れる「免荷」をする事を努力しようといった内容でした。最終的には失った軟骨は最新医療で再生できるといったキャンペーン活動に終始していたと思います。

 

 具体的に免荷の方法は、「階段を利用する時は積極的に手すりを使おう」や、「歩く時は杖を使おう」とう内容で、杖を使えば-10㎏の負荷軽減になり、手すりを使えば-15㎏の負荷軽減になるとコンピューターを使いながら解説していました。

 

 このページを見ている方は、「負荷を軽減させることは沢山やっている!」と言った方が多いのではないでしょうか。

 

負荷をかける事と正しい荷重を掛けるのはイコールではありません。

積極的に正しい荷重を掛ける事が克服への近道となります。負荷を掛けると悪くなるイメージを多くの方が持っています。確かに関節や筋バランスの事を考慮しない筋トレや、悪姿勢で関節に負担を掛けてしまうのは膝を壊す原因になります。

 

 しかし、負荷を掛けて膝が壊れてしまうなら、お相撲さんは全員膝が悪くてやがては変形してしまうことになりますよね。実際は、ぶつかる様なスポーツなので膝に外傷を繰り返して悪くする場合はありますが、全員が変形性関節症ではないのが判りますよね。

 

ヒトは二足歩行に特化して進化した生き物

 ヒトは二足歩行に特化して進化した生き物なので歩き回っている状態が自然な状態です。つまり、身体の構造は歩く事を前提に構築されています。自然界で椅子に座って動くことが少なくなるような個体は生き延びることができないからです。現在では、外敵の居ない、快適で便利な空間で過ごすことに慣れてしまって、歩き回る生物から動かない生物へと環境対応しようとしているので、動いていない時は痛くはないですよね。簡単に言えば、これが膝痛や腰痛の正体なのです。しかし、あまりに症状が進むと機能低下から構造が破壊され動いていても痛くなります。

 

 膝関節痛に限らず、「安静にしておいて」と言う言葉は、何かあった時に色々と責任やら面倒だから安静にしてねと言われるケースが多いように思えます。保険制度の充実から、手出しの負担も少なく、安静にしていれば真綿で絞めるようにジワジワ悪化する程度で緊急事態になることは少ないからです。理由があって、安静が必要な場合もありますので、慢性的な膝痛に悩まされている方は次の事を試してみてください。

 

自分でできる事は何か

 膝のケガや変形、痛みを本気で治したい人以外は決して読まないでください。

 

①歩く

 途中でも述べたように、歩かなくなったことに対する環境適用によって使われなくなった機能が削ぎ落とされているので、簡単に言えば歩けばよいのです。自然な状態で歩くのが良いのですが、まずは家に閉じこもっていないで外を散歩してみましょう。もちろん、斜め掛けカバンや、サンダルを履いて歩くような身体に悪いことは避けてください。もっとシンプルに歩行として、ウォーキングシューズを履いて、カバンはリュックタイプを使用し、ポケットにはできるだけ何もいれないようにして、30~40分を連続して歩くのが理想です。靴は自分の足に合ったウォーキングシューズ、カバンを持つ場合は左右バランスよく荷重がかかるリュックサックにしましょう。痛いと動くのが億劫になりますが、何もしていなければ治る起点は得られません

 

 そんなに長く歩けない

 そんな時は、歩ける時間を少しずつ伸ばしていけば良いです。そうすることで、痛くて歩けないから、痛くても歩けるを経て、痛みがなく歩けるようになります。その時の環境に応じて身体が構築されていくので、すぐに結果が出る方法ではないですが、確実に良くなっていく方法の1つだと確信して指導しています。実際に、当院にこられた方で難治で手術しましょうといわれた人も含め変形性膝関節症の方が治っています。

 

座る病気と解決法を福山市の和整体が解説」、「「重力がないと人は生命活動を維持できないって本当?」を福山市の和整体が解説していきます。」も併せてご覧になると、より深い理解が得られると思います。

 

 仕事でよく歩いているけど膝が痛いんだけど・・・?

 仕事中に歩くのと散歩で歩くのは何が違うのでしょうか。個人差があるので簡単な違いを述べていきます。 仕事中は荷物を持っての移動、ソールの硬い靴を履いての移動、重たい靴に振り回されながらの移動、少し歩いては止まるストップアンドゴーを繰り返している、足と連動する腕を全く触れていない、硬い地面を移動している、動く地面を歩いている(ルームランナー含む)等が挙げられます。

 仕事で歩くに限らず、犬の散歩に置き換えてみましょう。

 犬に引っ張られながらの移動、リードを持っているので腕が振れない状態で動いている、これらは全て身体を悪くする要素があり徐々に蓄積していっています。

 

②冷やす

 関節「炎」なので冷やします。温めて一時的な除痛は得られますが、身体がタンパク質から作られている事を考えると適切な処置ではありません。なぜ熱が関節に貯留するかを考えてみましょう。関節を酷使して膝が痛くなるのでしょうか。お相撲さんでも痛みなど無く活躍している人が存在し、70代でフルマラソンを走りきる方や、登山を趣味とされている人もいて、膝が痛んだことなどないと話しています。つまり現代医学で定義している“老化や使い過ぎが膝の炎症を起こす原因”ではないと考えられます。

 

 当院では、この原因を“腰や膝関節の捻挫”と捉えています。腰や膝を捻挫すると、関節の動きが本来より緩くなります。そうすると正しくレールを動けない関節はガタが生じ、動かすたびに摩擦抵抗を起こしていきます。うまく開かない網戸に例えられます。網戸の滑車の滑りが悪いと、上手にレールを滑らず摩擦が発生しますね。その動きの悪さが膝で起こっていると想像してください。ご存知の通り“摩擦は熱”を生みます。その熱が血行や汗で捨てきれない場合、今度は膝に水を集めて冷やそうとします。これは膝関節水腫(水が溜まる)の状態です。それでも除熱が追いつかない場合に、関節を侵し骨を融かしはじめます。この姿が“変形性関節症”なのです。そう考えると膝に溜まった水を抜く行為はあなたに合わない事が分かりますよね。

 

 ヒトの身体は熱に弱いタンパク質で構成されているため、闇雲に暖めれば良くなるということではありません。最近では、カイロを関節に貼ると良いと唱える人も居ますが、ヤケドと同じで熱を与えられ続けると水を集めて水腫を作ってしまいます。察しの良い方なら気が付かれたかもしれませんが、膝に溜まった水を抜いてしまうのは治癒効果を疎外しています。

 

 温めると血行が良くなるって聞いたけど・・・

 先程も伝えた通り、温める事は治る期間を阻害していると言えます。「温めると気持ちが良い=治る」と言うことはありません。熱をもっている場所をさらに温めると、身体は熱を逃がそうと必死に血液を送り出していているため、血流が速くなります。そして、熱を逃すことを優先させているため酸素や栄養素の交換効率がブラウン運動の影響で損なわれてしまいます。また、長風呂をしていると湯当たりしてしまいます。これは、温められて細胞が壊れないように、必死に血流を強くして熱を移動させ続けて、熱の逃げ場が無くなってしまった結果です。つまり、「血流が速くなる=血行が良くなる」ということではないのです。

 

 でも、温めると痛みが減るし・・。

 温めると痛くなくなるのは、熱により痛みを感じる細胞が膨張した結果に痛みを感じなくしているのです。分かりにくいかもしれませんが、数字で例えると、元々の痛みを感じる細胞の大きさを5として、そこに6の刺激が来た時に痛いと感じる仕組みになっています。それが、熱により痛みを感じる細胞が膨張すると大きさが5から8になります。すると、先ほどと同じ6の刺激が来ても痛みを感じなくなります。しかし、問題があるのに痛みを感じなくなっているだけなので、その状態で痛くなかった頃の様に動かすと、より身体を壊してしまう可能性が高くなります。「温めると痛みがなくなった=良くなった」ということではないのです。

 この話に関連して、風呂上がりにストレッチをする人がいますが、風呂上りは細胞が膨張している時です。この時にするストレッチも身体を壊す可能性があるのです。そもそも、一般的なストレッチは身体を悪くするし、運動のパフォーマンスも落ちてしまいます。知っていましたか?

 

 ではどうやって冷やすの?

 氷のうやジプロックを用意し、氷を入れて氷が1/3浸る程度に水を入れて、できるだけ空気を抜いた状態で、膝の両方から冷やすようにします。この時に、冷たくて辛いようならばタオルなどを間に一枚入れると冷やしやすくなります。必ず、氷を使用してください。なぜなら、氷は溶けて水になるため、過剰な熱を取り除く理想の温度である0~4℃を保つことができるからです。一方、保冷剤やアイスノンでは、この効果が得られず、凍傷の恐れもあるため絶対に使用しないでください。

 

どれくらいの時間冷やすのか?

 まずは、30分を目安に冷やしてください。冬などの気温が低い時は、シッカリと着込んで温かくして局所的に冷やすことで効果を得られます。3ヶ所までの局所冷却であれば体温が下がることはありません。

 

身体が資本の人達は既に実践しています。

 私が小さい頃の野球漫画の話で、投手は肩を冷やしてはいけないので試合後は熱いお風呂に長く入って、暑くてもコートを着ていました。しかし、現在では描写は変わり試合後に肘や肩をアイシングしています。その結果、選手生命が昔より長くなりました。ダンスで身体を酷使するエグザイルも、氷風呂に入ってセルフケアしています。

 

寒くならないの?
 その人の基本的な代謝にも依りますが、同時三ヵ所までの局所的な冷却であれば体温は下がらないと実験で出ています。気温が低い冬などはしっかり暖かい格好をして実践しましょう。寒がりな方は、40分の連続歩行後や食後で産熱により身体が温もっている時がやりやすいでしょう。どうしても寒かったらタオルで調節したり下着の上から行うなど調節してください。

 

③生活習慣を改める

 日常生活の中には身体に好ましくない環境が沢山あります。膝を悪くする原因は腰椎・骨盤・股関節・膝関節・足関節・足の3つのアーチの連動及び機能不全があります。従ってそれらに対して悪影響を及ぼすものは控えるべきだと言えます。 

 自転車移動、バイク移動、単一筋肉のトレーニング、杖を支点にしての歩行、立ち上がる際に何かに捕まって立ち上がる、足組み、あぐら、ソファーに座る、長時間の運転、ドスドス歩く、靴底の硬い靴など望ましくない靴で歩く、簡単に意識できるだけでもこれだけあります。これら、悪くする要因はその人の生活習慣で無数に存在するので全てを羅列し説明することはできません。しかし、このブログをしっかり読んで下さったあなたなら、他にも悪くする要因が思い浮かぶでしょう。自分に当てはまる悪影響を及ぼす生活習慣は、ぜひ今日から改めてください。

 

最後に

「自分で治す!」という気持ちはとても前向きで良いと思います。しかし、私の伝えたいことの10割をこの記事から全て読み取って正しく実践できる方は少ないと思います。生活習慣によって様々な内部応力(物体の内部に生じる力の大きさや作用方向)が自力では完全に除去できない事が多いのです。そんな時こそ、私の出番です。あなたが私の和整体に来て、治療と指導を受けることによって、身体を良い方向へ導くことができます。「自分で治す!」という気持ちを忘れず、足りない部分を補いながら一緒にあなたの膝を改善していきましょう。

 

【重症専門サイト】和整体・整骨院/福山市 PAGETOP